外壁塗装の効果やメリットとは?よくある疑問や解決策をわかりやすく紹介

このサイトでは外壁塗装の効果とメリットなどをわかりやすく紹介していますから、よくある疑問や解決策などを誰でも理解できるようになれるはずです。
ペットを飼っている場合、塗装のサービスを利用することができるのか気になるかもしれませんが、そのような点についても丁寧に説明していきます。
施工期間中は在宅しておかないといけないのかも重要なポイントになりますが、その点もしっかりと解説するのでチェックしておく価値があるはずです。

外壁塗装の効果やメリットとは?よくある疑問や解決策をわかりやすく紹介

外壁塗装のサービスを利用する時に効果があるのか疑問を持ったことがある人も少なくないかもしれませんが、基本的に外壁塗装することで住宅を守ることが可能です。
雨漏りなどを防ぐような効果もありますし、塗料の種類によっては遮熱性などを高めることができますから、暑さ対策をすることもできます。
そのため住宅を快適な状態にしたり、安全な状態にできるのが大きなメリットになるはずです。
サービスを提供しているところに相談することで、適切な塗料などを教えてもらうことができますから簡単に問題を解決することができます。

外壁塗装は細かい亀裂にも対応できる?

外壁塗装は細かい亀裂にも対応することが可能かどうか、この疑問に対する答えはイエスとなるのではないでしょうか。
亀裂の種類にもよりますが、塗装の劣化による柔軟性低下が原因のヒビ割れであれば、剥がして塗り替える外壁塗装で解決します。
下地に生じているものについても、外壁塗装の際に補修を行いますから、大抵の場合は問題なく塗り替えられます。
外壁塗装は密着性を高める為に下地を作る必要があるので、この時にヒビ割れや隙間があれば埋められます。
一般的に洗浄をしてから塗る作業となりますから、ヒビ割れなどをそのまま放置すると水分が入り込んだり工事に支障をきたします。
だからこそ職人は状態をしっかりとチェックしてから作業の手順を考え、段階的に準備を進めたり塗り替えたて綺麗に仕上げるわけです。
住宅は経年で少なからず劣化が表面化するものですから、補修しながら住み続けるのが基本です。
リフォームと呼ばれる工事は全般的に、こういった劣化の発見と対処を兼ねているので、専門的な職人に対して安心して相談したり任せることができるのではないでしょうか。

外壁塗装における相場はいくらぐらい?

外壁塗装をする場合には、一体どれぐらいが相場になるのか気になるところです。
基本的に外壁塗装においては、建物の大きさや使う塗料によって随分と金額が異なるところです。
それ故、どれぐらいなのかと言われてもなかなか平均的な金額を述べることができません。
例えば延床面積が80平米の住宅と200平米の住宅で外壁塗装の料金が同じわけがありません。
また格安塗料と高級な塗料で同じわけがないといえます。
このように考えれば、状況によって随分異なるのが外壁塗装と言えるかもしれません。
ただ一般的な住宅を考えると、概ね80万円から120万円位であることがわかります。
80万円と言うのは比較的小さな住宅で、安い塗料を使った場合の料金です。
これに対して、120万円と言うのは平均的な建物の大きさで、それなりに良い塗料を使った金額と考えて間違いありません。
こう考えるならば、ある程度お金の準備をすることができますが、最終的には塗装業者に来てもらいその金額を明確にしておくのが良いといえます。

美観の向上を期待することができる外壁塗装

住宅の劣化を防ぐ外壁塗装は、機能の回復や向上だけでなく、美観に関しても向上に期待できるのではないでしょうか。
外壁塗装は文字通り塗面を塗り替える工事なので、古くなった塗面を綺麗に剥がしてから塗ることになります。
つまり、色が薄くなったり白ボケてしまった外観も、外壁塗装によって生まれ変わるリフレッシュが実現するわけです。
細かなヒビ割れも綺麗になりますから、新築だったころに近い美観が取り戻せる可能性に期待が持てます。
大切なのは早めの着工と丁寧な作業で、壁が本格的に傷み始める前に工事を始めるのが望ましいです。
作業は下地作りが仕上がりに直結しますから、汚れ落としの洗浄やケレン作業をしっかり行う業者に外壁塗装を任せたいものです。
汚れ落としが不十分だと塗料が密着しませんし、ケレンにムラがあると仕上がりにもムラが出てしまうので注意です。
10年に一度のリフレッシュですから、予算や工期には余裕を持たせて、1つ1つ丁寧に仕上げていくのが望ましいといえるのではないでしょうか。

見た目以外の外壁塗装の機能とは?

長く住み続けた家であれば、様々な部分に傷みや劣化が出てきてしまうものです。
外壁についてもその中のひとつであり、色がくすんでしまったり汚れも目だってきてしまいます。
それは家そのものが古く見えてしまったりと、美観的にも良いものではありません。
そこで、外壁を塗り直すことで新築杜氏の見た目を取り戻し、改めて居心地のよい我が家に変貌させることもできるのです。
しかし、外壁塗装の持つ役割りと機能とは、見た目を改善させるだけではありません。
外観をより美しくすることもありますが、建物本体を保護し強度を高めるという大切な役割りがあるのです。
建物の外壁と内装との最大の相違点は、常に自然からの脅威に晒されているかという事になります。
晴れていれば強い日光や、風雨が強ければ雨や風から建物本体を守り続けています。
その外壁に亀裂等が生じてしまっては、重要な保護機能の劣化をも意味するのです。
その結果として劣化部分から湿気が侵入する等、構造本体への悪影響は避けられません。
このような躯体そのものに悪影響が出れば、耐震性能まで衰えてしまう事も有り得るのです。
外壁塗装は美的な改善効果はありますが、建物を丈夫に守るという大きな効果も併せ持っているのです。

ホームセンターの外壁塗装が安い理由とは?

外壁塗装を行う場合、塗装業者に依頼するよりもホームセンターの方がその金額が安いと言う場合が少なくありません。その理由は大きく分けて2つあり、1つはホームセンターは店舗で塗料の販売を行っているため、様々な塗料を安く仕入れることができると言う点にあります。大規模なチェーン店などの場合には仕入れの量も非常に多いため、単価が引き下げられ顧客に対しても安く提供できることから、外壁塗装工事の場合でもそのメリットが生かされることになるのが特徴です。 もう一つは、様々な職人を数多く抱えていることから、その費用を安くすることができると言う点にあります。ホームセンターと契約している職人の場合、数多くの仕事のチャンスに恵まれるため一つ一つの仕事の金額を安く設定することができます。この2つの理由により、一般の塗装業者に依頼するよりもホームセンターの方が費用が安く済む場合が多くなっています。ただしホームセンターの場合には、店舗で取り扱っていない塗料などを使用することができず、そのために様々な制限があるためこの点に注意が必要です。

外壁塗装を行う前は近所への挨拶が必要?

外壁塗装を行う前に近所に挨拶をすべきかどうか、その疑問に対する答えは、トラブルを避けたいならするのが正解となるのではないでしょうか。外壁塗装をするのは確かに自由ですが、塗料のニオイや作業中の声や音の発生は避けられないので、少なからず近所に影響します。場合によっては近所迷惑になり、やがてクレームが入る事態に発展する可能性がありますから、作業中の注意は勿論必要ですが、事前の挨拶もしておいた方が良いです。外壁塗装を行う業者によっては、依頼主に変わって近所に出向き、工事の期間や内容などを伝えてくれることがあります。外壁塗装は住宅などの建物の外側で行われますから、全く迷惑を掛けないということはあり得ませんし、もし本気でそう思って工事を始めればそれは傲慢というものです。多少の迷惑はお互い様と思ってもらう為にはやはり、先に迷惑を掛ける恐れがあることを伝えるのが筋ですし、手土産を持参して納得してもらうことが大切ではないでしょうか。

資産価値の向上にも繋がる外壁塗装

外壁塗装は資産価値を上げる事が出来ます。家屋や工場、倉庫などは築年数が古くなると劣化し、ひび割れや穴が開きます。穴が開くと雨などが建物に侵入します。雨水が建物に侵入すると被害が拡大する可能性があります。外壁塗装は雨漏りの侵入を防ぐ事が出来ます。 他にも紫外線から建物を守り、特殊な塗料を使えば断熱や遮熱する事ができ建物の中の室内温度を下げる事が出来ます。室内温度が下がれば、光熱費の削減にもなります。 外壁塗装をする事で建物の資産価値の向上にも繋がります。確かに塗装費用は、掛かりますが建物を高く売却出来る可能性もあるので、建物の現状を維持する事はとても重要です。塗装を面倒だと考える人は、多いでしょう。しかし塗装の目安は10年前後です。そして塗装に、かかる期間は1ケ月ほどです。工事期間中は、普通に作業や生活ができるので安心して、普段どおりの作業が出来ます。 もし今、外壁塗装を考えているならインターネットなどで検索して慎重に選ぶ事が大切です。

外壁塗装は省エネ効果を高めることができる?

外壁塗装で使用するペンキの中には最先端の技術を採用した製品もあり、使用することで省エネ効果を高めるものがあります。遮熱素材のポリマーを含んだペンキでは、太陽光から与えられた熱を跳ね返すことが可能で、熱を屋内に入れずに冷房の効率を高めることができるほか、壁内に熱がこもらないことから深夜から朝方に壁から熱が放出される現象も皆無となり、いつでも快適に過ごすことができます。断熱素材のポリマーを含んだペンキでは、室内に作られた暖気や冷気を遮断して閉じ込められることから、冷暖房の効果を高めます。除菌や滅菌ができる素材を含んだペンキでは、カビや細菌の繁殖を抑えることで通気性が高まり、天然の調湿機能が備わることで余分な湿気を吸収した後、太陽光からの熱でその湿気を蒸発させるプロセスで気化熱が発生して壁の熱が奪われ、夏場には温度を下げてくれます。外壁塗装は審美性だけではなく、省エネを意識した機能性も重視して選ぶ時代が到来しています。

外壁塗装で使用する断熱塗料とは?

外壁塗装で使用されるものに断熱塗料があります。これは熱を伝えないようにする性能を持っていて、部屋の中の温度を外に伝えにくくし、外の温度を室内に入り込まないようにします。そのため室内は夏はクーラーが効いていて冷たい空気を外にださないようにして、冬は暖房で温められた空気を外部に出しません。反対に外の空気を伝えにくくもするので、夏は涼しい、冬は暖かい環境を作ります。このような性能があるかというと、これにはセラミックビーズと呼ばれる素材が使用されています。この素材は空気の層のような役目をして壁に膜を作り空気の流れを遮断します。効果がどのくらいあるかというと、塗料の価格やメーカーによる種類で異なりますが、このネームが付けられたものは、太陽の光を反射する力が90%あるとされていて、室内の壁の温度を5~7度、室内温度を2~7度抑制できます。このため外壁塗装で使用すると、15~40%電気代を削減できるとされています。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の効果やメリット

このサイトでは外壁塗装の効果とメリットなどをわかりやすく紹介していますから、よくある疑問や解決策などを誰でも理解できるようになれるはずです。ペットを飼っている場合、塗装のサービスを利用することができるのか気になるかもしれませんが、そのような点についても丁寧に説明していきます。施工期間中は在宅しておかないといけないのかも重要なポイントになりますが、その点もしっかりと解説するのでチェックしておく価値があるはずです。

Search